うたたね日和

子育て日記、雑記、レビュー。備忘録ブログ。

【1歳】おすすめ絵本10選!だるまさんやノンタンなど人気の絵本中心!

更新日:


1歳のお子さんへの読み聞かせ

0歳の頃は抽象的なイラストや鮮やかな色を使った絵本を気に入ることが多いですが、1歳になるともう少し複雑な形のものやカラフルな色のものに興味を持つようになります。
絵本を指差したり、声に出したり、真似したりするようになったりするので、絵本の幅も広がります。

今回は1歳のお子さんにおすすめの絵本を10冊ご紹介します。
主に元書店員としての経験と息子の1歳時の反応と、読み聞かせ会でよく使用されている作品を基に選んでみました。
ぜひ参考にしてください!
 
絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

1歳向け おすすめ絵本10冊はこちら!

きんぎょがにげた

言わずと知れた、五味先生のベストセラー。昔から子どもたちを虜にしてきた作品です。
シンプルな言葉だから小さい子も飽きず、(金魚を)探す楽しみも覚えられます。
小さい子はきっと気に入るはずのなので、絶対読ませてあげたい一冊です。
「きんぎょがにげた」は絵本ナビでためし読みができます!

 

おでかけばいばい

イラストがインパクト大。そして、登場人物たちの歩く音も「ぺっちょぱっちょ」「でんこぶんこ」など、個性的。
興味をそそられる絵と音でバイバイにも関心を持ってくれるかもしれません!
私の息子はこの本でバイバイを習得しました!
「おでかけばいばい」は絵本ナビでためし読みができます!

 

おでこぴたっ

いろんな動物たちがおでこをぴたっ。最後はボクとパパがぴたっ。
子どもに真似してあげると喜ぶし、父親とのスキンシップも取れるのでおすすめです。
ピタッとする二人(二匹)の仲の良さが感じられる素敵な一冊です。

 

なあいなあいあった

 
探し物が「なあい」、見つけて「あった!」。
不安と喜びの感情を可愛い1歳の男の子が表現してくれます。
男の子のお母さんはきっと、お子さんと重なりますよ。
絶版のようなので中古か図書館で探してみてください!
 

さよならさんかく

色と形をテーマに、それぞれの形のもの、色のものが交互に登場していく絵本。
形や色、物の名前を認識させるのに最適ですし、指差しもいっぱいしますよ♪

 

コップちゃん

「コップちゃん、おなまえは?」「いくつ?」など、よく聞かれそうな言葉を使ってコップちゃんと会話するような感覚で読み進めていくお話。
コップちゃん可愛いし、身近なアイテムを使うことで小さい子も親しみやすい。
「コップちゃん」の部分をお子さんの名前に置き換えると、親子で会話も出来ますね。

 

だるまさんの

0歳おすすめ絵本では「だるまさんが」をご紹介していますが、1歳になったらこれ。
だるまさんがゆらゆらするのは変わりませんが、今度は体の部位が登場します。
形はだるまさんなのですが、わかりやすく、楽しく自然に体の名称が覚えられるのでおすすめです!
 

びっくりはなび

夜空に映える、綺麗な花。花火のしかけ絵本です。
季節に合った絵本を読んであげたい、と思ったとき、夏にはこの本がおすすめ。
小さい子向けの花火の絵本は少ないし、絵が見やすく可愛く綺麗で、お子さんは釘付けになるはず。
 

にんじん

にんじん好きな子も嫌いな子も夢中になる、食育の絵本。
おいしそうに人参を食べる動物たちを見て、じゃあ自分も食べてみよう!という気になるのはにんじんを食べたことがない子限定だとは思いますが(汗)。
小さな子でもわかりやすい絵で、昔から長く愛されている作品です。
 

ノンタンはっくしょん!

風邪をひいたノンタンが、病院へ行くお話。
先生に診てもらい、薬を飲み、たくさん寝て元気になる。診察の流れが子どもにわかりやすく、患者がノンタンだから親しみやすい。
優しいくま先生を見て、病院は怖いところじゃなく、元気にしてくれるところだと教えてあげられる絵本。

 
 
 



-絵本
-, , ,

Copyright© うたたね日和 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.