うたたね日和

子育て日記、雑記、レビュー。備忘録ブログ。

【3歳】おすすめ絵本10選!簡単な内容もご紹介!女の子も男の子も!

更新日:


3歳の子どもへの読み聞かせ

子どもも3歳くらいになってくると本の趣味にだいぶ好みが分かれてくる時期だと思います。
息子は宇宙の絵本が好きですが、興味がない子はあまり読まないですよね。
また、好きなものなら絵本じゃ飽き足らず、図鑑を好んで読むようにもなりますよね。

そこで今回は、特定の子にターゲットを絞らず、性別を問わず楽しく読める、そして子どもたちに愛されている、そんなおすすめの絵本を元書店員の私が10冊、独断と偏見で選びました。
主に、息子が3歳時に好きだった絵本を中心に選んでいますので、他では見ない10選となっています。
どれも楽しく、そしてお子さまの成長に役立つ絵本ですので、ぜひ参考にしてください!
 

3歳向け おすすめ絵本10冊ご紹介

ぐりとぐら

シリーズ作品の第一作目。名作中の名作ですね。
穏やかな自然の中でふわふわのカステラを森の動物たちと分け合って食べる。
優しさと発想力を子どもに教えてあげられる、心温まる絵本です。

おばけとかくれんぼ

5人のおばけたちのおうちに行き、かくれんぼに参加して遊ぶお話。
電気をつけたり、鍵を開けたり、10数えたり。読み手に語りかけるような文章で、おばけたちと遊んでいる感覚が楽しいです。
3歳くらいになるとかくれんぼもわかるようになってくるのでおすすめの一冊です。

しろくまのパンツ

パンツをなくしたしろくまさん、ねずみさんとパンツを探しに行くことに。
独特なセンスあふれるtupera tuperaさんの作品です。
とにかく楽しい。気軽に何度も読みたくなる絵本。オチも最高です。お子さんも絶対気に入りますよ!

ペネロペうみであそぶ

赤ちゃんが触ると壊しやすい仕掛けの絵本ですが、3歳くらいになると力加減や動かす方向などがわかってきているのでやっと安心して触らせることができます(笑)。
シリーズが何作かありますが、この作品が一番明るく開放的なので、おすすめです。
楽しいペネロペの動きにはまりますよ♪

パパ、おつきさまとって!

お父さんが娘のためにお月さまを取りに行くというお話。
夢がある、と同時に月の満ち欠けについて楽しく触れることができます。
ちょっとした仕掛けもあって綺麗な月が印象的な絵本となっています。

きんたろう

3歳くらいになると、そろそろ日本の昔話にも触れさせていきたいですよね。
桃太郎や浦島太郎はわりと自然に覚えていくものですが、金太郎はあまり知られていない印象があります。
力持ちで優しい、動物たちとも仲良しの金太郎はその見た目の印象からも、小さい子は親しみやすいはずです。

うさぎちゃんとゆきだるま

うさぎちゃんが雪が降ったお庭で遊ぶお話。読んでいると冬の静けさの中でワクワクを感じます。
息子の反応が良かったので10選に入れさせてください(笑)。笑う場面も多いし、シンプルだけど愛嬌のある文は息子は普段の生活で応用しています。
冬にまったりと親子で読みたい一冊。

はらぺこあおむし

世界的なベストセラー作品なので、聞いたことない人はいないと思います。
あおむしがさなぎになり、蝶になること、数や曜日も認識できることなど、自然触れさせることができます。
おかしの頁も子どもには魅力的ですよね。何年でも読んでいける絵本。

くろくまくん ぴかぴか はみがき

みんなで一緒に歯磨きをしていく絵本。
歯磨き習慣を身につけさせたいときにこの本はおすすめです。
リズミカルでわかりやすく、楽しく歯磨きするくろくまくんといっしょなら、お子さんもきっと意欲が沸きますよ♪

空の絵本

雨、嵐、雨上がり、夕方、夜。様々な時間、天気の空が綺麗に描かれている作品です。
雨の頁では寒さが、夜空の頁では静けさが本当に伝わってきます。
綺麗な空の景色をぜひ、親子で体験してください。

 
こちらも合わせてご覧ください♪

 
 
 



-絵本
-, ,

Copyright© うたたね日和 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.