うたたね日和

子育て日記、雑記、レビュー。備忘録ブログ。

4歳息子、頭足人真っ只中です!

更新日:


頭足人・頭足人間という言葉をご存知ですか?

頭足人間(とうそくにんげん、または頭足人(とうそくじん))は、頭(顔)から直接、足が生えた絵のことで、幼児の初期の描画に現れる特徴である。タコやイカなど頭足類に構造が似ているため頭足人と呼ばれる。閉じた円が書けるようになった後に、生じる。はじめ頭と足が描かれ、その後、手が描かれるようになる。おたまじゃくしの発達と同じなのでおたまじゃくし人間(tadpole man)とも言われる。頭に四角い胴体をつけた人間を頭胴人間(ずどうにんげん)と呼ぶこともある。その後、胴体から手足が出た人間が描かれるようになる。
ウィキペディア-頭足人間-

現在4歳5か月の息子が描く人間の絵はこんな感じです。

これが頭足人ってやつらしいです。
「頭足人」で画像検索すると、息子が描いた絵かと思うような絵がたくさん!
微笑ましくなってしまいました。

息子だけが描く特徴なのかと思っていたのですが、世界共通、3歳~4歳の子が発達の過程で必ず描く時期が来るそうです。
誰も教えていないのに、絵本やテレビにも頭から足が生えた生き物なんて出てこないのに、本当に不思議です。

息子がこの頭足人を描くようになったのは、4歳になりたての頃でした。
現在絶賛頭足人間中です(笑)。

最初は長い丸で、上の方に顔を描いていて胴らしきスペースがあったのですが、最近はこのようにまんまるです(笑)。
これは幼稚園の先生を描いたみたいです。

面白いのは、息子が描くすべての人間は大体同じ頭足人なのですが、髪の色が違うんです。
父親を描いた絵は決まって髪の色は青、母親の髪の色はピンク色と決まってるんです。
両親の髪は黒なんですけどね。

親は固定概念に捕らわれ、つい、「なんで髪の色が青いの?」ってツッコみたくなってしまうんですけど、子どもは子どもなりの色の感性があって、イメージを押し付けると個性がなくなってしまうそうです。

素直に、心のままに絵を描くことは、絵の世界が広がり、個性や、発想力などを育てることにもなるそうです。
なので、我が家は親の見本もあまり見せないようにしています。すぐ真似したがるので。

一般的には5歳くらいになると、胴がつき、より人間らしくなり、頭足人を卒業していくらしいです。
頭足人、めちゃくちゃ可愛いですよね。
成長の証とはいえ、あと1年くらいで頭足人が見られなくなるなんて寂しい・・・!
今しか描けないこの貴重な頭足人。のびのびと描かせて息子の成長を見守っていきたいと思います。

 
 
 



-子育て日記
-,

Copyright© うたたね日和 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.